So-net無料ブログ作成

師弟会 [菩薩団会員 雑記・ひとこと]

菩薩団の超真面目団員のウエニシ ツヨシです。

1月行く、2月逃げる、3月去る、、、
とは、よく云ったもので、その2月も終わり3月になりました。。。
気持ちはまだまだ若いのですが、気付けばもう38歳になる年。。。あ、寺庭ご婦人も、菩薩団会長も、会長嫁も、石井くんも、南庄さんのご長男さんも、、、38でございます。
会社でも僕のひとまわり下の後輩が入社し、ため息つくばかりです。
ホンマに、今の若いモンは~と云ってる時点で、すでにおっさんの仲間入りです…。

その今の若いモンは~ですが、、、
僕が働いている会社では『師弟会』というものが存在します。
要するに指導社員が師匠、指導社員に教えてもらう僕は弟子、ということなんです。
さらに僕の下には弟(おとうと)弟子、が居ます。
この弟弟子は、僕とはひとまわり下の後輩です。
これがよくできた人間で、まず、男前、背が高い、よく気がつく、いつも笑顔、頭の回転が速い、スポーツ万能、人の悪口を云わない、、、と、、、天は二物を与えず…なんてことわざがありますが、初めてそれを超えた人間である、と云っても過言ではない後輩です。

そんな中、昨日開催された、師匠宅での師弟会…。
師匠もすごくご機嫌になり、説教もたくさんされました。
師匠は、常に僕らのことを見守ってくれる、会社でのお父さん。
心配もたくさんしてくれるし、誰よりも誉めてくれるし、誰よりも叱ってくれる、、、
僕は見習中には、いっぱい迷惑も掛けました。
お互いが泣きまくり、どうしたらうまく仕事がしていけるのか、一緒に考えてくださいました。
弟弟子は、今は現場を離れ、本社で庶務課で、逆に陰で、師匠や僕らを支えてくれる縁の下のチカラ持ち的存在です。
師匠は見習中に、たくさんお世話になり、今の僕の地位を形成してくれた、大切な方。
弟弟子は、僕たちの勤務を管理してくれる大切な存在。。。
僕は今、この素晴らしい師弟会に籍をおくことが幸せです。
ふたりに比べて、僕なんて、、、いったい何の役に立っているのだろうか…考えてしまいます。
こうして僕は、おとなの階段をのぼっていくのです、、、(って37歳が何を云ってるんやろ、、、ですが。)

誰かの役に立ちたい、、、
僕の中では、永遠のテーマです。
このブログでも毎回最後には、呪文のように唱えていますが、切にそう、思います。。。

写真は師弟会の一幕です!
左端が師匠、僕、弟弟子、弟弟子の今の課の上司でもあり、師匠の会社での同期生です。。。
IMG_3722.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。