So-net無料ブログ作成

誰が悪いのかな? [住職日梵より]

他者を慮り配慮する心はとても大切です。しかし一昔前は責任を自己に向けることが多かったのが、近年他者に向けることが多くなったように感じます。「植木が子供の目に入ったから責任とれ」とか「幟の竿が目に入ったから責任とれ」とか、一瞬詐欺?と思わせるようなトラブルもあるようです。それって明らかな不注意の場合もあります。
拙僧が子供の頃は余った給食を先生がおにぎりにして持たせてくれました。帰ったら個々の判断で早めに食べるのです。万が一あたっても食べた側の責任。嫌なら貰わないか食べなければいいんです。あたったなんて話は一度も聞きませんでしたが、親が騒がなかっただけかもしれません。イマドキは何かあればすぐ学校側の危機管理不足となります。自ずと教員は必要最小限の事しかしなくなります。日梵
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。