So-net無料ブログ作成

天井川 [菩薩団会員 雑記・ひとこと]

だいぶご無沙汰になってしまいました。
菩薩団、ウエニシツヨシですm(__)m

右向いて左向いたら8月も半ば…。
時が過ぎていくのは早いもので、、、
と、そう思いながら車を運転する会社への出退勤、、、
途中、ふと目にする光景『天井川(てんじょうがわ)』
京都府南部、南山城地区には、通称、天井川、という道の上に川が流れている、という場所が所々にあります。
天井川、とは簡単に言うと、本来の川の中に砂がたまり、それを覆うように堤防が作られ、それが幾度も繰り返され、道よりも高くなってしまうという現象です。
南山城の土の特性と川が織り成す景色、といったものでしょうか…。

その天井川を越えるのは道だけじゃありません。
鉄道をも川を潜ります。
しかし、近年の土木の発達により、この天井川は、再び平面の川に戻されているところもあります。
その天井川を潜る鉄道の風景もそろそろ見納めなんじゃないか、とも職場で話題に上がります。

そして、ある先輩が、実際、先日、天井川を訪れ、写真を撮ってこられました。
天井川と鉄道と題した写真を数枚、わたくしのところへも送られてきました。
昔、蒸気機関車が通ってた頃の煤あとが残っていたり、煉瓦の凝ったトンネルに上品さすら感じたり、またそのトンネルに近代的な電車が走る風景に感動したり、、、
またひと味違った天井川の楽しみ方を先輩は教えてくださいました。

鉄道に興味がなくとも、へぇーと思ってもらえることと思います。
今度、機会があれば、写真の場所にも行ってきます!!
とりあえず一度、以下の写真を見てくださいませ。
長々と失礼致しましたm(__)m
1431666027905.jpg1431666039960.jpg1429860682933.jpgIMGP0440.JPGIMGP0630.JPG

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 1

にちぼん

拙僧は中学の修学旅行ではじめて東京から関西に来ました。その時の光景が目に焼き付いております。京都から奈良に向かうバス車中で、田植えしたばかりの田園風景とともにガイドさんの天井川説明がありました。今思えば24号線井手山城町付近だったのだと思います。まさかこちらに住むとは思いもしませんでしたが。
by にちぼん (2015-08-19 14:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。